2017年8月3日木曜日

レビュー:Star Trek: Boldly Go #2 / Mike Johnson, Tony Shasteen, George Caltsoldas



Star Trek: Boldly Go #2
著:Mike Johnson, イラスト:Tony Shasteen, イラスト:George Caltsoldas

スタートレック リブートシリーズ(ケルヴィン・タイムライン)の後日談マンガ、2冊目です。

第1巻の最後のセリフ、Resistance if futileといえば、新スタートレックを見た人にはおなじみ、ボーグ(Borg)ですね。
ネタばれにならないよう補足だけとしますが、オリジナルタイムラインでは、フェデレーションとボーグのファーストコンタクトは新スタートレック時代になっています。
ケルヴィン・タイムラインは歴史の変わってしまったパラレルワールドなせいか、出会いがだいぶ早くなってしまったようです。

2巻目も、初代スタートレック、新スタートレックのファンともに楽しめる内容になっていますね。
Borgはめちゃくちゃ強いですから、ケルヴィン・タイムラインのカークがどうやって戦っていくのか、これからに期待です。


Lexile指標は未掲載につき不明。
マンガで、かつ、内容部分は19ページのみという短いものですが、用語などはちょっと難しいですね。
スタートレックのファンなら、気合い入れて読めるかなと。(笑)
相変わらず絵はきれい、今回は見開きページもあります。

いやぁ、楽しいなスタートレック。

レビュー:Star Trek: Boldly Go #1 / Mike Johnson, Tony Shasteen, George Caltsoldas



Star Trek: Boldly Go #1
著:Mike Johnson, イラスト:Tony Shasteen, イラスト:George Caltsoldas


最近スタートレックにはまっていまして、好きなもので英語を勉強できたらいいんじゃないかと思い買ってみたのがこれ。
スタートレックは歴史の長いシリーズですが、2009年にリブート版の映画が発表され、リブート版の映画シリーズが今のところ3作目まで出ております。
マニアの間ではケルヴィン・タイムラインと呼ばれるこのリブートシリーズは、オリジナルシリーズとはパラレルワールドとなっており、登場人物の性格や扱いがやや違います。

本書はケルヴィン・タイムラインの後日談となっています。
小説ではなくマンガで、固定レイアウトとなっており、Kindleの辞書は使えません。

USSエンデバーの船長になったカーク、一緒についていったドクターマッコイ、母国に帰っているスポックと一緒に行ったウフーラ、アカデミーで教鞭をふるうスコット、カークと別れ別の艦で副長を務めているスールーといった、おなじみのキャラが登場します。

マンガなのでそれほどストーリー満載ではなく、また、序章なので触りだけですが、最後は「えっ?」という展開で、非常に先が気になります!
これはずるい。


Lexile指標は掲載されていないので不明。
スタートレック特有の固有名詞(バルカンとかロミュランとか)や技術用語があったり、スポックの言葉がやたら難しい単語を使っていたりしますので、ファンでないと厳しいかと。

というか、この本、舞台がリブート版だけど、新スタートレックを見ていた方が断然面白いし、結構古くからのマニアに向けた作りかなと思います。
タイトルの「Boldly Go」からして、テレビドラマのオープニングでおなじみのナレーションからとっていますので、映画しか見ていない人には良くわからない部分が多いかもしれません。

海外のマンガは字が読みづらいですけど、絵はきれいですよね。
Kindle版だとすごく安いので、スタートレックのファンにはお勧めです。

2017年7月26日水曜日

レビュー:A to Z Mysteries: The Absent Author / Ron Roy



A to Z Mysteries: The Absent Author
著:Ron Roy

子ども向けの推理小説。
推理小説と言って良いのかな?
いわゆる推理小説のように本格的なミステリーが有るわけではないですが、登場する主人公3人組Dink、Josh、Ruth Roseが手がかりをヒントに謎を解いていきます。

ことの始まりはDinkとRuth Roseがすきな作家が、近所の本屋にサイン会をしに来ることになったところ。
3人は本屋に出かけますが、なんと作家は現れず。
Dinkは作家からもらった手紙をもとに「もしかして誘拐されたのでは?」と疑い、捜査を開始します。

テンポも良く謎も簡単ですが、そのおかげで英語でも脱落せずに最後まで詠みきれるかと思います。
Louis Sacharなどと比べると何気ない単語の選択が物語的でやや難しいかと思いますがKindleで調べながら慣れていけるかなと思います。

Lexile指標:510
SacharのMarvin Redpostシリーズなどと同レベルですけれども、全体の長さ・語彙的には少し難しく感じました。

こちら、オーディオブックもCDで手に入るようです。



CD2枚組みたいですね。
長さはよく分かりませんが、Audible.comだと1冊50分程度みたいですので、CD2枚フルで使ってある感じでしょうか。
リスニング素材と考えるとお得です。

ただ、Audible.comで視聴してみると分かりますが結構早いですね。
先に読んでいたので聴き取れましたが、最初から音で聴くと難しそう。
ナレーターの発音は標準的で聴き取りやすいです。
↓ここで最初の5分くらいを視聴できます。
https://www.audible.com/pd/Kids/A-to-Z-Mysteries-The-Absent-Author-Audiobook/B002V1LUA0?qid=1501032180&sr=1-1

本3冊とCDで併せて3000円くらいのリスニング教材と考えると、3時間近いボリュームはコスパは高いです。

2017年7月24日月曜日

レビュー:Marvin Redpost #2: Why Pick on Me? / Louis Sachar




Marvin Redpost #2: Why Pick on Me?
著:Louis Sachar

小学校3年生の男の子Marvin Redpostくんが主人公のお話の2冊目です。
「もしかして自分は行方不明の王子かも?」という話だった前作とうってかわって、ちょっとしたことから始まってしまったいじめのお話。
子どものころって、どうでもいいことから深刻な問題が発生してしまったりしますよね。

Marvinがどうやって解決していくのかは要チェックです。
ただ、テーマがテーマなので、ちょっと読むのがつらいなと感じる方もいるかもしれませんね。

Lexile指標:510
英語はとてもやさしく、簡単な表現でこれだけのストーリーが書けるというお手本のような文章です。

2017年7月21日金曜日

レビュー:Marvin Redpost: Kidnapped at Birth: Book 1 / Louis Sachar



Marvin Redpost: Kidnapped at Birth: Book 1 - Rejacketed
著:Louis Sachar

小学校3年生のMarvin Redpostくんが主人公のお話。
子ども向けの新聞で、9年前に行方不明になった王子の話を読んで、「もしかして自分のことかも」と思い始めてしまいます。

主な登場人物もそれほど多くなく把握しやすい。
「主な」というところでは、親友2人とちょっと意地悪なクラスメイト、それと父母兄妹、電話の受付係くらいでしょうか。

サッカーはこういう子どもらしい雰囲気の登場人物作りがとてもうまいですね。

Lexile指標:520
一つ一つの文の構造が平易で分かりやすく、スラスラ読めます。
全体の長さも短めなのもハードルが低くて良いです。

構文が簡単すぎると勉強にならないのかな?という気もしますけど、まずはたくさんの英語に触れても疲れないようになりたいので、こういう読みやすいものの方が良さそうに思ってます。
ボリュームからするとちょっと高いかなとも思っちゃいますけど、楽しめたからOK。
シリーズは全部で8冊ありますのでしばらく楽しめそうです。

レビュー:Sideways Stories from Wayside School / Louis Sachar



Sideways Stories from Wayside School
著:Louis Sachar

平屋で30個の部屋を作るはずが、間違って縦に30階建てになってしまった学校の話。
舞台になっているクラスは最上階にあるので、毎日登るのも大変。
ちょっと変わった子どもたちと先生たちのストーリーです。


ルイス・サッカーのデビュー作なのですね。
日本語訳も出ています。
30階建ての学校にちなんで、全30章にわかれており、一つ一つの章は短めなのは読みやすい。
ただ、決まった一人の主人公がいるわけでは無く、クラスの子どもに次々スポットが当てられながら全体の話が進んでいくので、登場人物を把握していくのが最初少し大変かも。

Lexile指標:460

少し長めの本に挑戦してみようかなと思ったら手に取りたい本です。

2017年1月27日金曜日

レビュー:Dogs Don't Tell Jokes / Louis Sachar



Dogs Don't Tell Jokes
著:Louis Sachar

Someday Angeline」の続編です。
主人公はGary、前作の主人公Angelineの友達だった男の子で、日本で言うところの中学1年生になりました。
Angelineと出会ったときから多分そうだったのですが、学校ではまぬけ(Goon)と呼ばれて馬鹿にされています。
いつもくだらないジョークばかり言っているのは、そういったことに対する、自分へのごまかしみたいなものもあるのかな。。。
ところが、学校の記念日に開かれることになったタレントショーに出演し、全校生徒の前でジョークを披露することにしたことで物語が大きく動きます。

悩みながらもがんばるGaryを応援しているうちにグイグイ引き込まれ、一気に読めてしまいます。

英語のレベルとしては、Someday Angelineよりは高いです。
前作ではGaryのジョークも分かりやすかったのですが、ジョークのレベルが上がって、なかなか意味が取れないところがありました。
タレントショーの準備でジョークを考えるところでは、不採用になるあまり面白くないジョークも出てきて、「おもしろくなさ」を表現するためにわざと意味不明になってますので、そこはまともに理解しようとすると難しいところですね。

多分、こういうのは、ネイティブでも意味不明なものも多く、分からない物はあまり気にしないくらいな軽い気持ちで読み進めた方がいいんだと思います。

我ながら生真面目なたちなので、いくつかジョークを解釈してみました。
ストーリー上それほど重要では無いものの、ややネタバレとも言えるので、下の方に記載します。
英語の勉強として読むなら、まず自分なりに考えてみてから見て頂くと役に立つかも知れません。

Lexileスコアは560となっています。
ジョークをどう考えるかですが、軽く読み飛ばせるならそんなもんかな。



■--ややネタバレ含む
【おもな登場人物】
●Gary Boone
主人公。7年生(日本の中学1年生にあたる)
GaryのGと、BooneのOONをあわせてGoon(まぬけ)というニックネームで呼ばれていて、自分でもそれを良しとしている。
周りにうまく溶け込めないところがあり、ジョークばかり言ってごまかしている。

●Angeline Persopolis
前作の主人公で、Garyの友だち。
Garyが5年生だったとき6年生のクラスに居たが、周りとうまくいかず5年生に移った。
本作では10歳だが飛び級で遠くの大学に通っていて、週末だけ帰ってくる。

●Abel
Angelineの父。
ゴミ収集が仕事。

●Gus
Abelの同僚。

●Miss. Melissa Turbone(Mr. Bone)
Garyが5年生だったときの担任。
Angelineを6年生から5年生に引き取ったことから、Abelと親しくなった。
週末はAngelineが帰ってくるので、Abel、Gus、Garyとクロッケーをすることが多いようだ。

●Joe Reed
Garyのクラスメイトで典型的な優等生。
文武両道で、性格も良く、Garyに対しても普通に接している。

●Mrs. Snitzberry
Garyのジョークによく登場する。
知っている人をジョークでコケにするのは良くないと考えて考え出された架空の人物。



■--さらにネタバレ含む(順次追加)

【Garyのジョーク解説】
前作よりGaryのジョークがちょっと難しくて理解しづらかったので、人に聞いたり自分で調べたことをまとめておきます。
ジョークは分からなくてもストーリー的にはだいたい大丈夫ですので気になった時に見ていただければ。


●Why did the boy wear a diaper to the party? - Because he didn't want to be a party pooper.
diaper:おむつ
party pooper:場をしらけさせる人。pooperにはウンチという意味もあります。

(訳)
その男の子はどうしてパーティにおむつをはいていったか? パーティをしらけさせたくなかったから(party pooperになりたくなかったから)

pooperが元々ウンチという意味で、party pooperはそこから派生した、パーティを台無しにする人という慣用句。
party pooperは直訳すれば、パーティを糞まみれにする人、というようなキタナイ言葉なんですね。
おむつをはいていけば、ウンチまみれにはならないよ、というジョークで、解説すると全く面白くないな。(笑)


●Why shouldn't you write on an empty stomach? - Because it's better to write on paper.
on an empty stomach:空腹で

(訳)
なぜ空腹のときに書き物をすべきではないか? 紙に書いたほうが良いから

これだと意味が通じませんが、write on ~は、「~に書く」という意味にもとれます。
なので、慣用句を無視して文字通り訳すと、前半は「なぜ空の胃袋に字を書いてはいけないか」となります。
2つの意味に解釈できるwrite on an empty stomachを使ったジョークですね。


●What do you do when your nose goes on strike? - Picket.
go on strike:ストライキをする
picket:ピケをはる(ストライキのときに見張りを立てたり座り込んだりすること)

(訳)
鼻がストライキをしたらどうする? ピケをはれ

音を使ったジョークです。
picketがpick itと似ていて、pick it (=your nose)で、「鼻をほじる」という意味になります。
鼻がストライキをするというのは普通は使いませんが、ピケと合わせるために普段使わない表現を使っているようです。要するに鼻が詰まっていること。
で、「ほじる」と音の似た「ピケを張る」をかけている訳ですね。


●Why'd Mrs. Snitzberry always wear two pairs of pants when she went golfing? - In case she got a hole in one.
hole in one:ゴルフのホールインワン

(訳)
Snitzberryさんは、どうしてゴルフに行くときに、ズボンを2枚はくのか? ホールインワンに備えて。

ホールインワンがダブルミーニング。
ゴルフのホールインワンを取ることと、ズボンのうちの一つに穴が開くことをかけたダジャレです。


●How do you keep fish from smelling? - Cut off their noses.

(訳)
魚がにおわないようにするには? (魚の)鼻を切り落とす

日本語でも意味が通じるといえば通じるかも。
fish smellは単体では、魚から悪臭がすること、と、魚が(何か他の物の)においをかぐこと、のどちらの意味にもとれます。
通常は魚がにおいをかぐとは思えないので、「魚から悪臭がする」意味がまず頭に浮かぶはずですが、それを利用した冗談です。


●Why'd Mrs. Snitzberry tiptoe past the medicine cabinet? She didn't want to embarrass the "Bare" Aspirin.
tiptoe:忍び足で歩く
embarrass:困らせる
bare:裸の
aspirin:アスピリン(有名な頭痛薬。バイエルというドイツの製薬会社の商標)

(訳)
Snitzberryさんは、どうして薬だなの前を忍び足で歩くの? 裸のアスピリンを困らせたくないから。

Bareと、大文字で書いていることから、おそらく、製薬会社のBayer(バイエル)とかけたダジャレと思われます。
着替えの途中で裸の時に人が通ったらびっくりするので、Snitzberryさんは裸のアスピリンを驚かせないように忍び足で歩いたわけですが、アスピリンが裸な理由は、バイエル製だからというわけです。バイエル(Bayer)と裸(bare)の音は、たぶん似ているんでしょう。


●"Matt will now tell us some of his favorite jokes."
"Well, they're not my favorites," said Matt. "I can't say my favorites."
Several people laughed.

(訳)(司会の先生)「マットは、お気に入りのジョークのいくつかを披露します」
「えっと、お気に入りではありません」マットは言った。「お気に入りは言えないので」
何人かが笑った。

主人公のGaryではなく友だちのMattの発表ですが、何人かが笑った理由が分からなくて。
どうやら、Mattのお気に入りのジョークは、タレントショーで発表できるような類いのものでは無いので、「これから言うのはお気に入りというわけじゃない」と言ったのでは無いかと。
Mattのお気に入りジョークは品がないんでしょうね、きっと。
それを知っている親しい友だちが、察して笑った、ということのようです。

favoriteは「一番お気に入り」という意味なので、一番のお気に入りは残念ながら披露できないので、次にお気に入りの披露できるやつを言うということかな。

あくまで1つの解釈として。